PROFILE

これから英語の習得をされたい方、更に英語力を伸ばして何かに役立てたい方、
コンプレックスである感情を取り除き、英語を使って何かを実現した方に、
日本の最先端を走る、深い学びをご提供致します。

南山 紘輝 KOKI MINAMIYAMA

南山 紘輝 KOKI MINAMIYAMA

京都生まれ。リヨンカトリック大学留学、米国認定NLP(Neuro Linguistic Programming)プロフェッショナルコーチ、TESOL(Teaching English to speakers of other languages)上級課程修了、NLPE英語コーチングプログラム開発者、翻訳家、マルチリンガル(日本語、英語、フランス語、スペイン語)。18歳の時から、7ヶ国語を話す教師に会ったことをきっかけに、英語の学習を始め、わずか1年半で習得。大学では、2年目でトップクラスに入るが、英語だけでは国際人になれないと悟り、フランスに留学。南仏モンペリエ、フランス第2の都市リヨンでフランス語/観光学を専攻。世界の全体人口約80億人にいる中で3%のみしか存在しないと言われるマルチリンガルになった後、言語の習得学を学び始め、「人間がどのように言語を習得するのか」の研究を、世界約15カ国で行った。言語学、音響学、脳機能、記憶のメカニズムなどの勉学のみならず、ミルトン・エリクソン(催眠療法)、フリッツ・パールズ(ゲシュタルト療法)、バージニア・サティア(家族療法)、3人の天才セラピストを分析して開発されたNLP(神経言語プログラミング)を、言語習得に役立てるために学び始める。ガン治療/国際研究所IASH(The International Institute For the Advances Studies In Health)の元会長、及び、プロフェッショナルコーチングの分野でInternational Diplomat(最高位の会員資格)を取得し、世界20カ国以上で活躍するプロフェッショナルコーチ・ティム・ハルボム、同時に、ベストセラー『Alternative Medicine』『Innovation In NLP For Challenging Times』の寄稿者であり、国際的に知られる、Anchor Point Associatesのトレーナーとして活躍しているクリス・ハルボムから直接指導を受ける。その後、TESOL(Teaching English to speakers of other languages)の理論を学び、脳機能に従順な英語の勉強法を多数学び、日本で初めて世界基準の内容を詰め込んだプログラムを完成させた。

講師から一言

英語の習得を試み、途中で挫折する人を、これまでたくさん見てきました。確かに、日本に在住しながら、英語を話すための勉強法を見つけ出すことは簡単なことではありません。私自身が、英語の勉強に励んでいた際、同じ状況に立っていたため、よく理解ができます。しかし、その後、世界中で様々な博士、研究員、言語学習者と出会い、言語習得の研究を行う中で、一つ大きな発見がありました。それは、言語習得には、脳の使い方、心理学、コーチングの技術が、間違いなく必要だということです。「英語の習得ができない理由」は、方法論が悪いからという理由だけではありません。英語の習得ができないような心理的な制限、感情、信念が関わっています。私が開発した、日本初である『英語コーチングプログラム』では、根本的な部分の問題を解決し、確実に目標を達成できる思考・行動・信念を作り出します。そして、日本には、あまり転がっていない、英語の正しい勉強法をご提示していきます。「英語を話す」という目標を、確実に達成するプログラムを長い年月をかけて開発しました。皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

仲村美保 MIHO NAKAMURA

仲村美保 MIHO NAKAMURA

沖縄県出身、近畿大学短期大学部商経科卒業。
米国認定NLP(Neuro Linguistic Programming)マスタープラクティショナー認定コース終了。NLPE認定プロフェッショナルコーチ。学生時代は英語が大の苦手だったが、趣味の海外旅行で「英語が話せるともっと楽しくなる」と感じ、26歳からとてもやる気に満ちた状態で英語の学習をスタートした。英会話教室と資格に特化した英語教室に2年通い、努力の結果、資格を習得したものの残念ながら英会話を習得することはできなかった。英語学習に関しては、「英語を話せるようになるためには高額な料金を払い英会話教室に通わなければならない」「高度な英会話を習得するためには、留学に行かなければならない」「大人になってからの英語習得は難しい」などの考えが頭をよぎるようになり、学習を進めることで、「文法を絶対に理解しなければならない」「単語をとにかくたくさん必死に暗記しなければならない」「英検やTOEICで良い成績をとらなければならない」と思いながら必死に努力をしながら英語学習をしていたことに気づく。英語学習を進めると同時に、ミルトン・エリクソン(催眠療法)フリッツ・パールズ(ゲシュタルト療法)バージニア・サティア(家族療法)ら3人の天才セラピストを分析して開発されたNLP(神経言語プログラミング)を学ぶ。NLPの技術や理論を学び・実行していく上で、これまでの過去の経験から自分を解放し、英語学習・人間関係などこれまでにうまくいっていないと思い込んでいた出来事に対し、思考を変え、自分側に原因を置くと出来事がうまく運ぶことに気づく。その後NLPの学びをさらに深めながらコーチングの技術を習得するためにNLPE英語コーチングスクールでコーチングを学ぶ。NLPとコーチングのテクニックを使って自分自身のマインドの在り方を変えたことで人生が劇的に好転し、母親との関係、仕事やプライベート、英語学習に対する思考や行動を変えた結果、人生が180度変わった。現在は自らもクライアントをコーチングをする傍ら、NLPE英語コーチングスクールのセミナー講師、マンツーマンのコーチも務める。

福田智香 TOMOKA FUKUDA

福田智香 TOMOKA FUKUDA

『英語』は 新しい人生をくれた!!

自分の人生が終わる時、『私の人生、なんだかんだいろいろあったけど楽しかったなぁ』と自分自身で納得できる状態で終わらせることができるように。たくさんの笑顔と心からの喜びに溢れた素晴らしい人生をすごしてほしい。

、、、そうは思っていても、人生には時として、「もがき」「苦しみ」「悩み」先の見えないような暗闇の中に迷い込んでしまうようなことや、「もう立ち直ることができない」と思ってしまうような辛く、悲しい出来事など、自分が望みもしないような時間もやってくるのです。しかしながら、人生にはムダな時間などはなく、きっと何か意味があり、意図があり、そこから学び、また自分自身の人生をたくましく切り拓いていってほしいのです。何度でも挑戦し、生き生きと、伸び伸びと『生きている』という感覚を存分に味わってほしいのです。限りある人生の時間をどうぞ豊かにすごしてほしいと思うのです。そしてまた、私もそうありたいと思っています。  

母と祖母の影響もあり幼少の頃から裁縫に興味を持つ。短大では婦人仕立て服を基礎から学ぶ。卒業後、渡英。London College of Fashion に留学、紳士仕立て服を学ぶ。後に、ファッションデザイナーのスタジオをはじめ、英王立美術院Royal College of Art, ロンドン芸術大学Central Saint Martins/ LondonCollege of Fashion など、他複数の芸術大学で技術者として従事する。多くのアーティストや学生達との関わり合いの中で、人間の思考のクセや人格形成、そして、人間の持つ可能性などに興味を持つようになる。11年間の英国
生活の後、帰国。帰国後、脳機能や心理学、コーチングなどを学び始める。NLP(神経言語プログラミング)プロフェッショナルコーチにおいては、脳の機能や構造、心理的な要素など論理的な背景からアプローチするコーチングの手法を学ぶ。また、『心の在り方』として、禅や花道、ヨガ武術など日本古来の『道』の精神を通して『人間の本質』についての学びを深めている。自身がマネージャーを務めるZERO YOGAにおいては、自然を敬い『自然との調和』を念頭に置き、「本当の意味で自然であるとはどういうことなのか?」「人間の自然な思考、行動、心身とはどのような状態なのか?」身体感覚である五感を大切に丁寧に扱いながら五感の感度を高め『人間としてあ
るべき自然な生き方』を日々探究し続けている。

保坂美祐 MIYU HOSAKA

保坂美祐 MIYU HOSAKA

元々は「日本人だから英語習得は難しい」など ネガティブな思い込みを持ちながら学習していた。その後、コーチングを受講することや、セルフでのコーチング技術を活かすことで、5ヶ月後、オーストラリア留学に踏み切る。約半年で努力することなく 英語初級レベルからB2レベルまであげることに成功。現在ではNLPEでマンツーマンのコーチとして活躍「英語習得を妨げる根本的な原因を 受講生の方と一緒になって探り、解消していきたい」 という思いで日々コーチングを行っている。

TOP