Blog

英語学習では「まだまだ精神」をやめること!

あなたは英語学習に成功するためのリソースを持っている

あなたは、何か達成したい目標を持っていますか?

そして、その目標のために、思考や選択を変える努力をしていますか?

私が英語の学習を始めたのは、高校3年生の時です。

きっかけとしては、高校3年生の時の担任の先生が7ヶ国語を扱うことができ、「このようになりたい!」と思ったことからです。

ただ、よく思い出してみると、小学校、そして中学校の時に、毎年、北海道のニセコによくスノーボードを家族旅行でする機会があったのですが、

周りにいたオーストラリア人の英語に聞き惚れてしまっていたことを思い出しました。

つまり、よく思い出すと、小学校の時から「英語を話したい」と思っていたわけです。

しかし、スポーツの練習に明け暮れ、英語の学習は全くできていませんでした。

そこでたまたま高校3年生の時に担当してくれた先生が、また私の英語をしたい欲に火をつけてくれたのです。

もし、この先生が私の担任でなかった場合、今、このように英語学習をしようとは思っていなかったことでしょう。

とにかく私は高校3年生の時から、今まで見たことがない世界で活動したい!

そして、世界中を旅しながら、素晴らしい人々と出会いたい!

という目標を持っていました。

そして、これらのことを達成すると、私は最高の毎日が過ごせるんだ!と信じていました。

そのために、1日中、ビジョンを描き、体験し続けたことを今でも覚えています。

そして、数年が経った今、私の目標は達成されています。

世界だけでなく、日本中を出張で飛び回り、毎日、素晴らしい可能性や考え方を持った人々と出会っています。

そうです。

今していることがまさに、私が高校3年生の時に夢見たことだったのです。

そこで、周りの友人も、「君みたいにいつも旅行して仕事しているのを見ると、本当に羨ましい」と言います。

確かに、旅行をすることや、違う国を毎月回ることは素晴らしいことです。

私も、この夢を実現させるために語学学習に明け暮れていました。

しかし、実現してみると、毎日違う街や、国におり、違う言語を話すことはストレスになっていることに数年前、気づかされました。

そして身体的にもかなり厳しい状態になってくるわけです。

そうです。

高校3年生の時、私が夢見ていた生活を、いざしてみると、悩みは
対して変わらず、身体は管理をしないとボロボロになってしまったのです。

私が心からしたかったことなのに、前よりも身体的に辛い毎日になってしまいました。

そして、また新しい目標を無理やり作って、新たな刺激を求めていたのです。

その結果、どれだけ目標達成しても満たされない自分に気づき始めました。

目標を達成しては、

「いや!まだまだしたい」
「まだまだ欲しいものがある!」
「このままじゃダメだ」という言葉が頭の中に浮かび上がっていたのです。

このような状態になった時、私はあることに気付きました。

それは、私たちは、夢見ていることをどれだけ実現しようとも、「満たされない」ようになっているということです。

どれだけ目標を達成しようが、また新しい何かが欲しくなります。

そして、今、どれだけ幸せな毎日を送っていても、「何か足りない」と私たちは探すようになっているのです。

英語学習にしてもそうです。

どれだけ英語力は伸びていても、伸びていないところに意識を向けるのが私たちです。

つまり、終わりがないということなのです。

今、私たちが目標にしていることが実現された時、私たちは一瞬の達成感だけを味わいます。

そして、今まで通りの毎日を送るのです。

すると、刺激がないことに気付き、また新しい目標を探し始めます。

このようなことの繰り返しを、死ぬまで行なっているのが私たち人間なのです。

ただ、ここでこのように考えるとどうでしょうか。

今、既に何もかも実現する能力を持っている。

今、幸せになるために必要なリソースは揃っている。

今、既に英語学習をすることが心から楽しめている。

今に意識を向けると、既にワクワクした思いを抱くことができるはずです。

何かを自力で手に入れようとしなくても、いますぐに体験できるようになっているのです。

このような思考を手に入れた瞬間、そのための選択や行動が行えるようになり、結果は自然と出てくるようになります。

同時に、欠乏感を感じることもない状態で、目標達成できるようになっているのです。

つまり、今、もし、あなたが目標に向かう中で、「目標達成できると人生が変わる」「目標達成できると幸せになれる」と思っているのであれば、大きな間違いです。

私たちは欠乏を探す天才です。

それであれば、今すぐ、習得に成功している状態を作るべきです。

そして、体験し続けるべきなのです。

すると、欠乏を感じることなく、起こしたいことが起こせていけるようになります。

そして、今後も様々な可能性に触れることができます。

ぜひ参考にしてくださいね。

今日はこれで終わります。

TOP