Blog

したいことだけすれば良い英語学習

あなたは何が得意か?

さて、今日は、

「どのようにすれば英語学習に対してエネルギーを注ぐことができるのか」

そのコツについてお伝えしていきましょう。

先週、世界の幸福度ランキングを目にする機会がありました。

その結果、

上位を占めるのは毎度のように、北欧の国々でした。

その後は、ヨーロッパの国々が並び、日本は58位だったわけです。

確かに、

世間を見渡してみると、幸せそうに歩いている人が少ないのは確かです。

同時に、夜の道を歩いていても、お酒に潰れている人をたくさん目にします。

お酒に潰れるということは、当然、本来したいことができていない証拠だと思います。

しかし、このような世の中を目にしたとき、大抵の人が、「北欧のようになろう!そうすれば日本も幸せになれる!」と唄ってしまいます。

ただ、根本的に、日本と北欧は歴史も違えば、文化も違うはずです。

つまり、北欧のように真似をしても、私たち日本人にはアジャストしないということです。

結果、幸せになろうとしても、何かしら違和感が生まれてくるため、私たちが北欧の人々のように幸せになることは難しいでしょう。

では、どうすれば良いのか。

それは、

私たちが元から持っている素晴らしいリソースを使えば良いのです。

日本は、団結力のある国です。

人々が、思いやりを持っている国です。

犯罪も少なければ、盗難も非常に少ない、真面目で勤勉な国です。

もし、日本人だけが長年、持ち続けている、このリソースをうまく利用することができれば、日本の幸福度は間違いなく上がってくるでしょう。

他の国には実現できない、「幸福」が生まれるはずです。

このように、私たちは課題に目を向けすぎたことで、本来するべきことを失ってしまっているように思います。

当然、これは英語学習でも同じです。

課題に目を向けすぎていることで、本来したい勉強ができていません。

リスニングが課題だからと言って、好きじゃないリスニングの勉強ばかりしてしまっています。

果たして楽しいでしょうか?

英語のことが好きになれるでしょうか?

間違いなく嫌いになるはずです。

つまり、英語学習は、課題ではなく、私たちが元から持っているリソースを使って学習するべきなのです。

したくないことをすればするほど、やる気を失うのが人間です。

ということは、

したいことだけをすれば良いのです。

もし、あなたが外国人に話しかけることが好きなのであれば、それだけをすれば良いのです。

すると、

自然にスピーキング力も、リスニング力も上がってくるでしょう。

同時に、メールのやり取りを毎日すれば、ライティング力も、リーディング力も伸びてくるはずです。

もしくは、

あなたがもし読書が好きなのであれば、読書だけをすれば良いのです。

すると、インプットを非常にうまくすることができるでしょう。

同時に、継続することで、英語学習が好きになってくるでしょう。

すると、スピーキングが苦手だったとしても、なぜか挑戦してみようという気持ちになるはずなのです。

このように、課題ではなく、自分がしたいことだけをするのが、本来の英語学習です。

英語学習は、言うまでもなく長期的なものであり、課題ばかりしていても面白くありません。

やる気も出ません。

ストレスだけが溜まり、最終的に英語が嫌いになってしまいます。

それであれば、今すぐ、あなたがしたい学習をしてみてください。

すると、間違いなく継続することができます。

そして、同時に、英語力を伸ばすことができます。

『人間は、したいことをしている時だけ能力を伸ばします。』

ぜひ、このことを意識して、
学習をしてみてください。

では、今日はこれで終わります。

TOP