Blog

英語学習に成功するための「GW」の過ごし方

「行動」を起こすか、「休む」かの選択

今日は、コーチングの視点から見た、「英語学習に成功するための正しいGWの過ごし方」を見ていきましょう。

さて、私たちが通常考える「GWの過ごし方」とはどのようなものでしょうか。

恐らく、大多数の人が、「行動を起こすこと」にフォーカスするはずです。

「今回のGWで、今までできなかった英語学習を始めるぞ!」

「この長期休暇で、自分を追い込んでみよう!」

「これまで継続できなかったが、GWならできそうだ!」

などなど、

行動にフォーカスしようとする人が大半を占めるはずです。

しかし、NLPEコーチングスクールでは、この行動にフォーカスすることも重要視していますが、「休暇」も、同時に重要視しています。

なぜなら、私たちは常に、目的(肯定的意図)を持って行動を起こしてるからです。

つまり、もし、普段、継続ができないということは、何かしら、理由があって継続ができていないのです。

もしかすると、身体が疲れているからかもしれません。

もしくは、子供との時間を取る必要があるからかもしれません。

どちらにせよ、何かしらの理由があって継続することができていないのです。

つまり、それらのことを解消せずに、また英語学習を始めようとしてしまうと、「しなければならないこと」と、「したいこと」が混ざってしまい、上手く英語学習に身が入らなくなります。

すると、今まで通り、別のことが優先になってしまい、GWに英語学習ができなくなります。

もしくは、GWにできたとしても、身体や頭が休んでいなければ、GW明けは、また同じように身が入らない状態になるわけです。

では、どうすれば良いのか。

私は、GWを、「行動」の、長期休暇とするのではなく、

「休暇」のためのものにするべきだと思います。

2019年は既に4ヶ月が経ちましたが、それまでに溜まったストレスを解消してください。

身体や頭を休ませてください。

すると、もう一度リセットをすることができます。

リセットできるということは、英語学習をするための余裕が生まれてくるはずなのです。

私たち人間は、ストレスを感じながら英語学習に成功することはできません。

一度、行動ではなく、「休む」ことにフォーカスしましょう。

すると、今まではとは違う選択や行動ができるようになります。

ぜひ、参考にしてください。

では、今日はここまでです。

TOP