Blog

英語習得は、英語好きな人だけが成功するもの

人間は好きなことか、やりたいことだけ能力を伸ばす

あなたは、自分の感情に対して正直に生きていますか?

私たちは、これまでの人生の大部分を、学校システムや、日本特有の社会システムの中で過ごしてきました。

そして、様々な理論を持った教育者に育てられてきたはずです。

中には、夢を叶えたことがない教育者が、「夢の叶え方」を教えていたり、英語を大して話すことができない教育者が、英語学習のアドバイスをするパターンも多かったことでしょう。

ここで問題視するべきことは、私たちが子供の頃は、「善悪」や「正しい・間違い」などの違いも分からないため、とにかく教育者の言うことを信じてきたことです。

当然、「前に倣え」などの文化は西洋の軍事教育から取り入られたものですから、先生(上の立場)が笛を鳴らすと、子供(下の立場)は従うべきだという社会の立場における差別が、無意識的に行われてきたわけです。

このように上の立場と、下の立場を学校システムが作っておきながら、「平等」を語る教育者も多数いることでしょう。

そして、私が世界を回りながら特に感じることは、私たちの「不足感」についてです。

私たちは、生まれながらにして、誰でも素晴らしい能力や素質を持っています。

何でも実現することができる能力を本来は持っているのです。

しかし、日本の社会システムに身を捧げると、私たちの能力や素質は、みるみる失われていきます。

どれだけ素晴らしいことをしても、「君はまだまだダメだ!」と言われ、

毎日楽しく生きていても、「毎日楽しいことばかりしていれば痛い目にあうぞ」と言う教育者も多いことでしょう。

このようなことを言われ続けると、「自分が何をしたいか」よりも、「何をすれば認められるのか」にフォーカスするようになります。

同時に、どれだけ好きなことや追求したいことがあっても、なぜか個々それぞれが持つ特技を伸ばすのではなく、苦手な教科を改善しようとするのが、日本人をダメにした教育者です。

その結果、国民全員が、同じような能力を持ち、本来持っていた素晴らしい能力が失われていきます。

本来は、1つの分野を極めるだけで良かったはずなのに…です。

それだけではありません。

私たちは、自分の感情に正直になることを忘れさせられました。

上の立場の人が、面白いことを言っていなくても笑わなければなりません。

そうです。

面白くないのに、笑わなければならないのです。

やりたくないのにしなければなりません。

言うことを聞きたくないのに、「常識」だからといって、従う必要があるのです。

そして、「社会ってこんなもんだよ!」

と友人や、何も状況を分かっていない上司にアドバイスを受け、居場所を失います。

その結果、2019年3月までに5000人が自殺をするハメになってしまっているのです。

ここで、一度立ち止まってみてください。

幸せの答えを探す前に立ち止まるべきなのです。

あなたは、本来、素晴らしい能力や素質を持っていたはずです。

決して、人より上に立つことで幸せを感じる人間ではなかったはずです。

そして、不足感を感じるために生きているわけではなかったはずなのです。

本来は、好きなことがあって、自分の感情には正直に従い、楽しい毎日を過ごしていたはずです。

欲しいものは全部手に入る能力を持っていたはずです。

それがいつの間にか、毎日、不足感を抱くようになっていませんか?

幸せを外に追い求めてはいませんか?

ここで考えてみてください。

海外旅行に行けば幸せになれるのでしょうか?

海外に住めば幸せになるのでしょうか?

高級車を買えば幸せになるのでしょうか?

英語が話せれば幸せになれるのでしょうか?

お金を持てば幸せになれるのでしょうか?

よく思い出してみてください。

私たちは、「欲しいものを手に入れた途端、要らなくなる性質」を持っています。

欠乏の思考は、欠乏しか生み出さないのです。

では、どうすれば幸せになるのでしょうか。

どうすれば、英語を話すという能力を手に入れることができるのでしょうか

その答えは、私が持っているものではありません。

あなたが、本来持っていたのに失ったものをもう一度、取り戻せば良いのです。

あなたは本当に英語の学習がしたいのでしょうか?

あなたは今、したいことをしていますか?

英語学習に成功すれば幸せが手に入ると勘違いしていませんか?

英語習得に成功したあと、何を得たいのでしょうか?

私たちは、好きな分野や、心からやりたいことだけ能力を伸ばすようになっています。

つまり、みんなと同じようになろうと努力するほど能力を閉じ込めてしまっているのです。

とにかく、一度、立ち止まってみてください。

あなたは、英語を使って何をしたいのでしょうか。

そして、それは本当にあなたのしたいことでしょうか?

英語学習をしたくないのであれば、今すぐやめるべきです。

もう一度言いますが、私たちは好きなことや、やりたいことしか能力を伸ばすことができません。

一度、内省する時間を取ってみてください。

今日は、私が世界を回る中で感じたことをシェアさせていただきました。

ぜひ参考にしてください。

TOP